2005年09月27日

解任劇

田尾監督が解任されてしまった。

90敗以上敗戦した責任を取った形になったようだが、そもそも開幕前には100敗以上の予想まであった状態。補強もままならない状態で手を挙げて参加した田尾監督をあっさり切り落としてしまったのは非常に残念でならない。

負けたら責任を取るのはわかるが、初年度からそんなに良い成績が残せるハズもなく、だから3年契約で選手と共に育てて行く方針でなかったか。
田尾監督の人柄か、シーズン中は殆ど選手に対しての不満をこぼしていなかったように思えた。シーズン終盤には「もっと戦力が充実した中で再度スタートしたい」とは言っていたそうだが・・・。

球団側の責任は問わずに監督だけ解任。勝負の世界とは言え、他球団なら1軍半もままならない選手達で1シーズン指揮を執り続けた事は相当な精神力なのだと思う。
本拠地最終戦でもファンにお別れも言えず去る監督。4/1本拠地初戦の感動からまだ半年も経たずにひっそりと去ってしまうのはあまりにも残念でならない。

いつかまた監督としてグラウンドに戻ってきて欲しい。あと2試合、最後まで頑張ってください。本当にお疲れさまでした・・・。
posted by まっきー@3 at 00:17| 北京 | Comment(0) | TrackBack(1) | 応援日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

田尾さん解任
Excerpt: 25日に東北楽天ゴールデンイーグルスの 監督である田尾さんが球団から解任された 理由は成績不振だがあのメンバーではムリだし 外人も成績を残さずフロント側の補強が悪いのが 原因だと思うし1年..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-27 07:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。